無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】知らなかった過ち

母方の祖父の家は、絵に描いたような田舎である。

小学校6年生の時のこと。
その日は、明るい時間から妹とその地域の少年たちまで6〜7人が一緒に遊んでいた。

日が暮れたあとに、地元の少年の中の一人の保護者を呼びに来て、花火をすることになった。

昼に遊んでいたところは、村の端にある舗装されていない駐車場のような空き地。広さは、車両が15台ほど入る広さ。
その横には大きな農業水路(?)が流れている。

普段は自動車や機械?や廃車が置かれていたが、その日は、いくつかの廃車しかなくて、そこで遊んだ。

地元の少年たちもそこではあまり遊ばないという。もちろん、私たちの兄弟も初めてだった。
おそらく缶けりをして遊んでいたと記憶している。

日が暮れ始めた頃、私と弟と地元の少年1人(以降、A)の3人が農業用水路の近くに隠れていたが、何かの小さな祠のようなものを倒してしまった。

古くなった木で作られたもので、気にもしてなかった。

周囲にはゴミ、壊れた小さな組み立て式の箱のようなものがあったので、壊れたんだと、大して気にしてはなかった。

しばらくして夕焼けが沈んで、保護者が呼びに来て、花火が始まった。
場所はまだ駐車場。
この時までは、お互いの顔を十分に認識することができるほど明るかったと覚えている。 (私たちの兄弟は家に早く帰らないといけなかった)

この後に起こったこと。
1.私と弟とAが相次いで突然尻餅をついた。 (あざもできてた)
2.弟とAが急に走りだしたら、水路に落ちた。 (大きな事故にはならなかったが、)後で聞いても走り出した理由は不明。
3.皆で2人を助けた後に気づいたが、私の足元に釘が打ち込まれた板が靴底を貫通して刺さっているのを発見した。いつ刺さったのかは不明。気づいた途端に激痛。 (ただ血は出てなかった)
4.足に刺さった釘を抜くとき、私の右腕の手首の近くに火傷を負っていることに気付いた。詳しくみると、他の2人も火傷。 (私が指摘する気づいてなかった)背筋が凍りついた。

花火でそんな火傷は、通常しない。しかも3人同時になんて···
やはり何かおかしいと思うようになり、

何かの呪いではないか? (当時、「〜の呪い」というものが流行してた)と考え始めた。
祠のことが思い浮かんだ。少し罪悪感があったからだったと思う。

だから弟とAがどうしてか怒ってるの間に、私は懐中電灯を持ってB(他の男の子)と一緒に、その祠を見に行った。
片足が激痛だったが、それどころではなかった。

そこには、日中は高く伸びた雑草のせいで分からなかったが、祠の周りに小さな地蔵がいっぱいあり、それらを渡し・弟・Aがぐちゃぐちゃに踏み倒していたことがわかった。
血の気が引いた。

最後に、「お地蔵さん、倒した〜」と私は言い、皆で一緒にそれを戻して(祠はそのまま)帰った。
それ以降は特に何もない。
偶然が重なっただけかもしれない。

3人の火傷に気付いた時に萎縮したことと、焦った感覚は忘れられない。








2021/09/08 23:40  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.