無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話-日本怪談】違うよね?

中学性の頃、夜10時ごろに自転車で塾から帰っていた道。

近くに山口何とかという立派な記念公園があり、その前を通った道に沿って時、こんな遅い時間に誰かがいた。

砂場で変なおじさん(30歳を超えているよう、シャツにネクタイをしたサラリーマン風)があっちを向いてうずくまっていた。
何があったのか気になって、誰かに襲わたのか、怪我しているかもしれないと思って(約10年前くらいはイノシシ狩り全盛期だった)

近付いて声をかけようとした。
「違う。違うのに。これじゃない···。」
とつぶやきながら、奇妙なボロボロの布のようなものに
一生懸命 に手を動かして、何度もスースーッと···カッターナイフで切っていた。

うわっ、危ない人だと思って逃げようとしたけど、僕を呼ぶ声が聞こえたそして、
「あの···これじゃないだろ?違うだろ?」という質問された。

そして、おじさんの顔を初めて正面から見ると、どっから見ても危険な人だった。
眼鏡の右レンズには「人」の字状にひびが入っていた。

そしてレンズの奥の目は何というか、暗い影がパンダのように目の周り全体に広がっているように見えた。
さらに、目つきが凶悪だが、口元はニヤニヤ笑っていた。

僕は「ああ、わかりません!」と叫んで逃げた。

翌日、学校に行く途中に公園に行ってみると、小学生くらいの女の子がブランコの近くの地面に穴を掘って何かを埋めていた。


「どうしたの?」と聞くと、「猫が死んでいて、墓を作ってる」と言う。
あのおじさんがカッターで切りつけていたのが猫だったようだ。
逃げていなかったら、僕も切りつけられていたのかもしれない思うとぞっとした。

そして、一体何が「違ったんだ」ろうか…?!







2021/09/04 23:45  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2021 AISE,Inc. All Rights Reserved.