無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】ここにいる理由

遠い実家で両親と長男(弟)が3人で生活をしていました。
5年前、長男(38歳)が2階自室のクローゼットで練炭自殺をしました。
父(73歳)が7月7日に倒れ入院しました。肺気腫が末期で、肺炎を患っています。
7月8日午後8時ごろに、今夜が山だと病院から電話が来て、私はすぐに駆け付けました。
父を見た私は震えました。
体は半分になっていて、普段見ていた姿ではありませんでした。

実は私は3年前から家族(両親と弟2人)とある出来事で仲が絶えていました。
医師の話では、今夜が山で、持ちこたえても1週間が限界と言われました。

そして身体年齢が90歳だと。
幸いなことに山を越えて、どうにか安定して、すべての家族が3日間病院で看病したが、三男の弟が仕事の都合で帰りました。

次男はしばらく仕事を休む準備をして残りました。
私は専業主婦で子供がいないので、当分の間、ここにいることにしました。

夜には、3人が交代で介護をすることにしました。
まず、母と私は家に帰ることにしました。
実家はおじいちゃんとおばあちゃん、自殺した息子の遺影が飾られています。

長男の遺影を見て背筋が寒くました。
目元に涙のような汚れがたくさん滲んでいました。
無表情な顔写真だけれど、本当に泣いているようです。


母に聞くと、その汚れはしばらく前から出始めて、少しずつ増えているそうです。
私は、なぜか鳥肌が収まらず、1階のリビングに寝る場所を用意して布団を敷いて寝ました。
翌日お昼頃に病院に行くためにタクシーを呼びました。

田舎なので、バスの停留所は、かなりの距離があって1時間に1本だけ。
タクシーが到着して玄関のベルが鳴りました。
母と私は立ち上がると、2階で白い影がスーッと降りてきて玄関に向かって行きました。


私はかなり鳥肌がたったけれど、母は慣れているような表情で、あまり驚きませんでした。
ちなみにみんな実家で不思議な体験をしているといいます。

その時から私は一度も家に行っていません。
病院の2階が使われておらず、許可を得て娯楽室のようなところで
長い椅子で寝たりしました。
いっそここにいるほうが怖くありません。









2021/10/18 23:40  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2021 AISE,Inc. All Rights Reserved.