無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】姉の異変

姉の様子が最近おかしい。
テーブルに座って口を大きく開けて、ぼんやりした目で視線をあちこち動かしている。
以前は、風呂や自分の部屋を徘徊していたが、ここ数日の間は、常にキッチンにいる。
昨年、祖母が亡くなったが、その時のことが事実だったのだろうか…
祖母は意識が遠のくなか、私を枕元に呼んでお願いしてきた。

「あの子(姉)もかわいそうだけど、嫌わながらいるお前がかわいそうだね。おばあちゃんが一緒に連れて行くから、それまで我慢しなさ」
姉と私は腹違いの姉妹だった。

四歳下の私は、両親に可愛いがられたが姉はそうではなかったのだろうか。
十代後半には家を出て、男性と同棲を始めたが、両親は真剣に将来を考えしろと、必死に引き止めた。
高校も中退し、警察で問題になるまでさまよっていた姉は、両親に反抗して、言うことを一切聞かなかった。

その姉が再び家に帰ってきたのは、自身の葬式だった。
深夜に男の車が交通事故を起こし、同乗していた姉は即死した。

お通夜が終わり、弔客すべて帰った後、家族で明かした日のことを私は忘れることができない。

真夜中に6畳の畳の部屋で、誰かの声が聞こえた。
私は深く寝ている両親をそのままにして、一人で部屋に行ってみた。
そこには姉がドライアイスが入っている管に安置されていた。
怖くはなかった。
10年以上一緒に住んでいた家族なので、仲いい時期もあった。

姉は中学校に入った頃くらいから、私と会話をしなかったけど、激しくぶつかったのは母だった。
私は姉が嫌いでした。
東憧れていたのかもしれないという気がする。

私は好きなお姉さんに最後の挨拶をしようと思った。
姉は事故で重傷を負い、顔の半分に包帯が巻かれていた。
それでも奇跡的に右半分は擦傷一つなかった。
直接、棺の蓋を軽く開けて、昔の姿が脳裏に浮かんだが、信じられないことが起こった。

姉の閉じあられていたまぶたが開いた。

ぼんやり瞳がゆっくり私に追ってきて、口元が震えていた。
私は思わず顔を横に倒して、姉の口に向かって耳を傾けた。
姉が生きているという、その奇跡を確認したかったからだ。

「お前も連れて行ってやる」

呪言のような言葉が姉の口から漏れた。
私は驚いて後退し、少し離れたところで姉を見ました。
姉は目を閉じたままだった。

私は両親が寝ている部屋に戻ってぶるぶる震えた。
夜明けになって、不安になり幻覚を見たんだと思った。

今は、それが幻覚ではなかったことを分かっている。
姉は、私の前に時折現れ睨みつけたりして、悲しく眺めたりもする。
私に何かを言いたいようだが、話しかけれないようだった。
それでも、姉は私に会いたがっているというのを感じた。

···その姉が最近おかしい。
やはりおばあちゃんが連れて行ったのだろうか。
姉の姿が消えたことを確認し、私は真夜中のキッチンを出て行こうとした。
椅子をテーブルに戻した後を見ると、そこに祖母がいた。

「今すぐ、この家を出ていきなさい」
祖母は私にそう言った。
「あの子は連れて行くから」
私が愕然している間に、最後に一言。

「申し訳ない。その子を怒らせてしまったね」








2021/08/28 23:55  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.