無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話ー実話】10年前のキャンプ

もう10年ほど前に体験した実話です。

連休を利用して会社の親しい男女メンバー10人ほどで
ワゴンを借りて2泊3日の旅行を行きました。

初日は、浜辺のキャンプ場にテントをたてて眠ることにしました。
(大型テントを2つ準備しました)

道が混んでいて、予定より遅れて到着して周辺は薄暗くなっていました。

当然、その時間帯では良い場所はすでになく
私たちは、広々とした場所を探して
少し人里離れたところであるが、誰もおらず広いところを確保して急いでテントを設置しました。

ある程度終わって、周辺はすでに暗くなっていて
波の音と風が吹く音しか聞こえませんでした。

ご飯はもう食べたので、道で買ったお菓子を食べながら
みんなでテントに丸くなって座りました。
当然どんなに大きなテントといっても、みんな入ることはできなくて
半分はテントの入り口にブルーシートを敷いて、そこに座っていました。

すると、皆が怪談話をしようとして思い各自思いつく怪談話を始めました。
私はテントの中にいて、外に座っている人たちと向き合う形で座っていました。
テントの入り口には、大きな日よけが付いていて、左右の支柱で支えられていました。

話を聞いて背筋が凍りながらも。もそれなりに楽しかった。
その時、なにかがおかしかった…誰かが立っているのだ。

顔は日よけが邪魔なって中からは見えませんでした。

しかし、そこに人が立っていることは明らかでした。
私は、座ってない人がいるんだ!という程度にしか考えていませんでした。

話は終わり、時間はすでに夜から深夜になっていた状態でした。
そろそろ寝ようと、整理を開始しようとみんな動き出しました。

「ずっと立っていたのって誰?」
私が、なにげなく尋ねたが戻ってきた答えは、
「誰も立ってなんかなかったよ」
「いやいや、そこにこうやって立っていたんじゃない」
私はその場に行って、私は見たように立った。
しかし、みんな否定しました。

そしてその時、気づいた。
ここに立っていたら、日よけのせいで、誰も見えなかったということを。
結局、その人物を見た人は私だけでした。

その夜、なかなか眠れず、周辺が明るくなり始めた頃、一人でテントの外に出ました。

登っていく日差しの中、体を伸ばしながらあくびをしながら思ったのは
考えていたよりも、海が近くにあるということに気付いた。

昨晩到着したときは、暗くなり始めて周辺がよくない見えていませんでした。
そして、私は振り返って山側のの風景を見ました。
背筋が寒くなったのは、冷たい朝の日差しのせいではない。

そこには階段があり、視線を上にあげると古い墓石群が見えました。
ここに、誰もテントを立てていないのに納得しました。

幽霊の話をすると幽霊が来るという話を聞いたことがある。
言葉の通り、昨日きていたんだなと思った。

その旅では、奇妙なことが起こったので
その意味では、印象に残る思い出になりました。









2021/07/18 23:51  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2021 AISE,Inc. All Rights Reserved.