無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースゲーム       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  怖い話

『パックマン』生誕36周年を迎えて公式サイト開設

世界で最も成功したアーケードゲームとしてギネス認定されている日本のゲーム『パックマン』ですが、2016年5月22日に生誕36周年を迎え公式サイトが開設されました。
さらに実質の最終面である256面を超えた時に発生するバグ(プログラムの不具合)をゲームにした『PAC-MAN 256』がPS4とPC用に配信開始です。

■『パックマン』ってこんなゲームです

1980年にアーケード(ゲームセンター用)ゲームとして誕生したパックマン、それまで殺伐とした内容のゲームが多かったため、女性にも楽しめるゲームを作ろうと考えて生み出されました。
レバーのみという簡単な操作に加え、シンプルなルール、カラフルな色合い、クリアごとに短いアニメーションを入れるなどの工夫が凝らされたおかげで大ヒットとなりました。
特にアメリカにおいては様々なメディア展開まで行われるほどのブームを呼び起こします。
そのアメリカでの人気というのが非常に根強く、日本ではブームが去った後でも大勢のファンが残り続けます。

アメリカ発売から17年、日本では達成されなかったパーフェクトスコアがフロリダ州のビリー・ミッチェル氏の手によって叩きだされます。
これは実質の最終面となる256面をすべてのボーナスポイントを取った上でノーミスクリアが前提となるものです。
それからさらに10年後、ミッチェル氏が6時間かかったものをわずか3時間40分余りでクリアするという偉業が、オハイオ州のデビット・レイス氏によって成し遂げられました。

■『PAC-MAN 256』が持つ意味

初代パックマンのステージ上限は256面です。
これはそこまでいくとエンディングを迎えるというのではなく、プログラムが想定したステージ数を超えてしまうため不具合を起こしてゲームが終わってしまうという意味です。
その不具合というのは画面上に無意味な数字が表示され、ステージの半分が潰れるという誰が見ても不具合としか言えないものですが、パックマンのコアファンにとってはこれを見ることが一種のステータスにもなっていたりします。
なぜなら、この256面というのは「誰も到達しないと思ってエンディングを作らなかった」というのではなく、パックマンを動かしていた8bitプログラムの認識できる数字が256までであったことによります。
つまりこれがコンピューターの限界であり、それに打ち勝つというのが彼らにとって大きな意味を持つのです。

■『PAC-MAN』は世界を食べ尽くしても止まらない

『PAC-MAN 256』はその不具合もゲームの要素として取り入れ、モンスターと不具合から逃げまくり、食べまくりというものになっています。
しかも今度は終わりがありません。
256面に到達しても不具合は起きず、ゲームは続行できます。
このゲームは35周年にあたる2015年にスマートフォン用として配信されましたが、2016年にPS4とSteam(PC用)としてパワーアップ、オンラインマルチプレイを搭載しての登場となりました。

2015年には映画にも登場したパックマン、まだまだ止まる気配はありません。
日本が生み出した人気ゲームとしてこのまま40年、50年を目指してがんばって欲しいところです。

(公式サイト)
PAC-MAN WEB
http://pacman.com/ja/index.html








2016/07/07 16:00  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



最新記事


※ワウゲームをプレーするには最新バージョンのFlash Playerのダウンロードをおすすめします。
会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | リンクフリー | お問い合わせ
Copyright(C) 2004- 2016AISE Inc. All Rights Reserved.