無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】幼いころ住んでいた家

僕が幼い時、両親の事業の関係で、しばらく違う地域で1年の間に住んでいた。

そこで、急いで探した家は一軒家だったが、
家が思ったより広くて、家の形がとても独特だった。
家のドアが全部、引き戸がだったん。

​そして、その引き戸は、中間には不透明シートがあり
人や物の形だけ見えるようなガラスでできたドアがだった。

入居して一週間ほど経った日だった。
両親が2人とも出勤して、僕は学校が休みで家に一人で残っていたのだけれど、
ドアロック開く音がした。。。ピピピピッ

だから、両親が忘れ物でしたのかな?と思ったが
ドアの上部の不透明シート部分から見知らぬおじいさんの顔が見えた。

驚いた僕は、布団の中に隠れて両親に電話をし
両親と警察のおじさんはした20分後、家に戻ってきた。
僕は気を失っていて、家はきれいでなくなったものもなかったが
キッチンだけとても散らかっていた。

ひとまず警察は、ドアロックの番号パスワードを変更することを提案し、なくなったものがあれば、電話してくれという言葉を残し去って行った。

両親は僕が意識を取り戻した後、僕を安心させてくれた。
そして、その翌日、また昼寝していると
また玄関のドアが開く音がした。

今回は、絶対捕まえないとと思って
112を押しておいて、携帯電話を手に握りしめていた。
ところが、僕は携帯電話の向こう聞こえてくる警察官の問いに答えることができなかった。

ドアには、明らかにおじいさんの顔が見えるのに
おじいさんの足がなかった。
確かに立っている姿が見えるのに…

また、僕は気を失って、両親は家主に
こういうことが起きたと家を出ると言ったところで、家主が教えてくれた。

​マに住んでいた人が高齢のおじいさんだったが
おじいさんが亡くなった状態で発見されたのだ。

2日間、キッチンだけを散らかしていたとこからして
とてもお腹が空いた状態で発見されたようだ。

家主と両親が丁寧に供養をして
それ以降は、おじいさんを見ることはなくなった。







2021/05/16 21:30  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2021 AISE,Inc. All Rights Reserved.