無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話】あの女性

23歳、大学の周辺で一人暮らしをしていた。

月〜木に授業を集中して組んだので、
木曜日の夜から日曜日まで
ゲームセンターも行って、お酒も飲んで
映画も見て大学生活を満喫していた。

そんなある日、友達の大学のワンルーム周辺の
バーで働いている友達が、人があまりにいなくて
退屈だと、つまみ一つだけ頼んだんでいいから
お店に来てほしいというので、頻繁に行ってあげていた。

その日も、退屈だった僕は「おっけい、分かった〜」と
家でゲームをしていたが、夕方11時ごろ店に行くと
本当に誰もいなかった。

僕は端っこの席で、
フルーツカクテルとフルーツ焼酎を飲みながら
携帯電話を見ていると、
ある女性が近づいてきて、僕に声をかけてきた。

「あのー、退屈なんですが、一緒にいていいですか?」

「あ、はい。どうぞ」

浮ついた気持ちをを落ち着かせて、会話をした。
会話をしてると、僕のタイプだったので
連絡先も交換して、その後だいぶ親しくなった頃
少し奇妙なことに気付いた。

どこに行って彼女とよく出くわすのだ。

バーで働く友達尋ねてみると、友達はちょっとためらうように
「あの女性、いつも一人で来てお前のことを見ていたよ。
変な女だと言ってあげようと思ったけど、
お前が喜んでいたから、言えなかった。」​

この言葉を聞いて、連絡もしていなかったが
一日に電話数十通が来ていた。

ある日は、窓の外を見ると僕の家を見ていることもあったので
僕は急いで一人暮らしの部屋を引っ越した。

かなり前の話だが、今、友達たちは

「おいーモテ男~~」といい
「俺が、ちょっと人気があるけどな」と答えているが
その時の事を考えると、本当に苦しくて鳥肌たつ。








2021/05/03 14:51  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2021 AISE,Inc. All Rights Reserved.