無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話】予知夢

母は、僕が子供の頃から予知夢のようなことをよく見ていた。


僕は子供の頃から運動をしていたが
母は試合をする前に、すでに結果を知っていた。

そして、母が気をつけろという日には、
必ずけがをしたり、良くない事が起きた。


それは、僕が中学生の時に起こったことだ。

当時、僕は運動部で寮生活をしていた。
学校に遠足や運動会など校内行事があるとき以外は、寮で過ごした。

その日は、遠足の前日だった。
私は運動がうまくできてなくて
コーチの罰のような概念で後輩と二人残って練習をしていた。
そうして後輩と二人で寮の大部屋にしばらく休んでいると、
母から電話が来た。

「息子。変わったことはない?明日遠足なのに家で帰ってこないの?」

そして、事情を伝えると母は少し悩んで話をした。

「息子。明日は気をつけないとだめだよ」と電話を切った。

しかし、翌日は遠足なので練習することがなく
特に心配しなくて過ごした。

その日の夕方は、コーチに電話を受けたが
翌朝の明け方に山を一周して遠足に行けと指示した。
それも、僕一人でいけというのに腹が立ったが
仕方なく「わかりました」と答えた。

運動部の部員たちは、コーチの言葉がルールだった。

翌朝5時頃、後輩と僕は遠足の準備をするために山に向かった。
その山の学校の裏山だったが、ほぼ毎日朝走る場所だったので
遠足の日にも、走らないといけないかと思って、
特にその日は、とても行くのが嫌だった。
また早い時間なので、真っ暗な山を登る人も
後輩と僕だけで怖かった。

普段だったら軽く走っていたコースだったが、
その日に限って、いやな予感がしていた。
さらに、朝日も遅く登った。
山の頂上にいっても、陽は登っていなかった。

周りよく見えなくて、後輩と僕はよく来ていた道なので
感で山を登っていった。

その時、山の頂上の下にある体育公園側で人影が見えた。

その瞬間、嬉しかったというよりは、
こんな時間に人が?という思いで怖くなった。

遠足の準備のためには、あまり時間がなく
山の頂上に行くなら、
その公園を通らなければならない。
とにかく、公園に向かった。
人影に近づくいていくと、人影の正体に気付いた瞬間
後ろも振り返らずい逃げていった。

そこには、木に首を吊って自殺した人がいた。







2021/04/20 22:11  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2021 AISE,Inc. All Rights Reserved.