無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  怖い話

【ホラー】ネットで見られる怖い都市伝説動画

YouTubeやニコニコ動画など、動画系サイトには日々数多くの動画がアップされていますが、その中には都市伝説を元にした、怖い内容のものも数多く存在します。今回はそんなネット動画のいくつかを紹介しましょう。

■NNN臨時放送

現在、テレビの放送は24時間行われていることが普通ですが、昔は深夜の時間帯は番組放送が終了して、その時間にテレビをつけるとノイズによる砂嵐のよう映像や、カラー調整用のカラーバーが表示されました。

しかし時には、本来放送が終了している時間にも関わらず番組が放送されていたという噂がいくつも存在します。その中でも有名なもののひとつが『NNN臨時放送』です。



夜中にテレビをつけると、カラーバーの画面が突然変化し、ゴミ処理場のような映像をバックに多数の人名と年齢のテロップが流れて、最後に『明日の犠牲者はこの方々です。おやすみなさい』と表示され……というもの。

このうわさ話の元になったのは大手ネット掲示板「2ちゃんねる」の書き込みだったと言われますが、このうわさを再現する動画がネットに公開されたことで有名になりました。上の動画はその再現動画です。

似たようなうわさとして、NHKが深夜に受信料未払い者のリストを深夜に放送した、というものもあります。いずれも、その真偽は不明です。

■ワイオミング・インシデント

テレビやラジオの放送電波を乗っ取り、勝手に番組を放送してしまう犯罪行為を『電波ジャック』と呼びます。電波ジャックは日本のみならず海外でも数々の実例が知られています。アメリカで特に有名な電波ジャック事件とされているのが『ワイオミング・インシデント』です。



これはアメリカのワイオミング州で起こった電波ジャック事件の映像とされています。

『333-333-333』という数列『We Present A SPECIAL PRESENTATION.(特別なプレゼンテーションを行います)』という謎の文言、そして不気味な男の顔が6分間ほど繰り返し表示されるという内容で、多くの人がこの映像を見て恐怖感や不気味さを覚えたと言われています。

しかし、この事件はその知名度に反し、実際にいつ、どこで起こったかという詳細な情報が乏しく、実際に起こった事件ではないという説があります。ここに紹介した映像は2004年にネットで公開されたものですが、解像度の高さやノイズの入り方が高いことからフェイクであるというのが有力となっています。ワイオミング・インシデントが本当に起こったかどうか、その真偽はいまだに判明していません。

■username666

2008年にYouTubeに投稿されて話題になった動画です。
YouTubeで「666」という存在しないユーザーネームを検索すると画面がおかしくなり、その画面を更新していくとやがて世にも恐ろしい動画が表示されるという。この動画は、その噂を検証したものだと言われています。



実はこの動画は日本のある映像クリエイターが制作したものだと言われています。日本国内だけでなく、海外でも反響が広まり、この動画をリメイクした作品や動画を見た人たちのリアクションを集めた動画もYouTubeにアップされています。

しかし、本当にこの映像はただの作り物なのでしょうか? ユーザーネーム:666に関する噂の真偽は不明です。










2015/07/03 15:00  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



最新記事


※ワウゲームをプレーするには最新バージョンのFlash Playerのダウンロードをおすすめします。
会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | リンクフリー | お問い合わせ
Copyright(C) 2004- 2016AISE Inc. All Rights Reserved.