無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  怖い話

【ホラー】実話を元にしたホラー映画の数々

ホラー映画の起源をたどると、19世紀末期にはすでに制作されていたことがわかります。
以来100年以上にわたり、さまざまな題材や手法で観客を恐怖させるホラー映画が制作されてきました。2000年代に入ってからは、ビデオカメラや携帯電話などで撮影された登場人物の主観視点の映像で構成されたPOV(point of view)と呼ばれる手法が流行したのも記憶に新しいところです。

どんな題材で、どんな手法で制作されたとしても、しょせんは作り物だから大したことはない。そう思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、それが実際に起こった出来事だったとしたら、どうでしょうか?
ホラー映画には実際の事件や事故に基いて作られた作品も数多く存在します。そんな作品のいくつかを紹介しましょう。

■隣の家の少女

舞台は1958年のアメリカ。
主人公は12歳の少年デヴィット。ある日、彼の家の隣に住むルース・チャンドラーの家に、二人の少女、メグとスーザンが引っ越してくる。二人は両親を亡くし、叔母であるルースの元に引き取られてきたという。デヴィットはすぐに姉のメグに心惹かれるようになるが、やがて彼はメグとスーザンがルースから激しい虐待を受けている事実を知ることになる……。

凄惨な虐待シーンが観るものを恐怖させるこの作品。
1989年に出版されたジャック・ケッチャムの小説が原作ですが、この小説は1960年代にインディアナ州でガートルード・バニシェフスキーという女性が起こした殺人事件が元になっています。

ガートルード・バニシェフスキーは1965年、自宅に下宿していたシルヴィア・ライケンスとジェニー・ライケンスに虐待をくわえるようになりました。障害を持つ妹をかばった姉シルヴィアに対してガートルードの虐待はエスカレート、自分の子どもたちや近所の若者に命じて、シルヴィアを拷問させます。

シルヴィアは地下室に監禁され、食事も与えられず、自分の排泄物を食べるよう強制されます。熱湯をかけられてその火傷痕に塩をすりこまれる、針を使って肌に文章を刻まれる、体罰用のヘラを使って暴行されるなどの凄惨な暴行の挙句シルヴィアは死亡、結局、警察に保護された妹ジェニーの証言で事件が発覚、ガートルードは逮捕されました。

シルヴィア・ライケンス事件やバニシェフスキー事件と呼ばれるこの事件は、公判中に検察官によって『インディアナ史上最も恐ろしい事件』と評されたといいます。

■死霊館

アメリカに実在する著名なオカルト研究家、エド&ロレイン・ウォーレン夫妻が調査した事件の中でも、二人が「もっとも邪悪で恐ろしい事件」と評した実話に基いて作られた映画です。

1971年、ロードアイランド州の田舎にある古びた一軒家に、5人の娘を持つペロン夫妻が引っ越してきます。しかしその直後から、一家の周辺で数々の怪奇現象が発生。ペロン夫妻はウォーレン夫妻に調査を依頼しますが、家に取り付いていた悪霊の力は強くウォーレン夫妻は対応に苦慮します。やがて、ペロン夫妻の娘のひとりが悪霊に取り憑かれ、二人の姉妹を伴って失踪してしまい……。

ウォーレン夫妻が手がけた実際の事件を元にした映画は他にも『悪魔の棲む家』などがあります。

■オープンウォーター

海でのダイビングの最中、船に取り残されてしまう夫妻。サメのいる海域に取り残された二人の恐怖を描いて話題になったこの映画は、1998年に実際に起きた事件を元に作られました。

1998年1月、オーストラリアのグレートバリアリーフでダイビング中だったトム・ローナガンとアイリーン・ローナガンの夫妻が失踪。二人がいなくなったことが判明したのは2日後のことでした。捜索活動が行われたものの二人は見つからず、後に訴訟裁判で夫婦が日記に仕事を嫌っていたり自殺願望を綴っていたことが判明、心中であったという説もあります。









2015/06/21 18:00  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



最新記事


※ワウゲームをプレーするには最新バージョンのFlash Playerのダウンロードをおすすめします。
会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | リンクフリー | お問い合わせ
Copyright(C) 2004- 2016AISE Inc. All Rights Reserved.