無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  怖い話

【ホラー】最強の殺人鬼、ジェイソン・ボーヒーズ

ホラー映画に登場する殺人鬼の中で最も有名なのは、『13日の金曜日』シリーズに登場するホッケーマスクの怪人、ジェイソン・ボーヒーズでしょう。
その人気はとどまるところを知らず、最近ではゴア(残虐)表現が売り物の格闘ゲームシリーズ、『モータルコンバット』にもゲスト出演しています。



■シリーズ第1作には登場していなかった?

『13日の金曜日』は1980年に第1作が公開されて以来、2002年の『ジェイソンX』まで10作にわたって制作された、アメリカを代表するスプラッターホラー映画のシリーズです。2009年には第1作目のリメイク版が公開された他、2015年にはシリーズのリブート作品の公開も予定されています。

シリーズ第1作『13日の金曜日』に登場する殺人鬼は、実はジェイソンではありません。

1957年、ニュージャージー州にあるクリスタルレイクのキャンプ場で少年が行方不明になり、その後殺人事件が起こったことで、そのキャンプ場は閉鎖されます。1980年になってキャンプ場が再開されますが、指導員候補としてキャンプを訪れた若者たちが、次々と殺されていきます。

連続殺人の犯人はボリーズ夫人という女性でした。彼女は1957年に失踪した少年、ジェイソンの母親であり、息子が湖で溺死したのは当時の指導員の若者のせいだと思い、逆恨みから犯行に至ったのです。

死んだと思われていたジェイソン。しかし彼は生きていました。
被害者の若者の反撃で生命を落とした母の意志を継いだジェイソン。史上最強最悪の殺人鬼の誕生です。

■最初は麻袋をかぶっていたジェイソン

ジェイソンのトレードマークとも言える、不気味なホッケーマスク。
実は彼が殺人鬼として初めて登場したシリーズ2作目では、ホッケーマスクの代わりに穴の開いた麻袋をかぶっていました。

この麻袋は彼をいじめていた少年少女がかぶせたものでした。ジェイソンは顔に奇形があって、そのことにコンプレックスを持っていた彼は、その麻袋で顔を隠していたのです。

ホッケーマスクが登場するのはシリーズ第3作目から。被害者から奪い取ったものです。

■ジェイソンはチェーンソーを使っていない?

ジェイソンが殺人に使う武器と聞いて『チェーンソー』を思い浮かべる人も多いでしょう。
実際、『13日の金曜日』のオマージュやパロディとして制作された作品ではチェーンソーを使うことの多いジェイソンですが、実は本シリーズでは1回もチェーンソーは使っていません。

『13日の金曜日』と同時期に制作・公開されたスプラッター映画『悪魔のいけにえ』にはチェーンソーを使う殺人鬼、レザーフェイスが登場しており、どうやらそれがジェイソンと混同されて、『ジェイソン=チェーンソー』というイメージが定着してしまったようです。実際にジェイソンが最も多く使った武器は、鉈の一種であるマチェットという刃物です。

■殺害数は300人を超える

本シリーズ10作の他、リメイクやゲスト出演した作品を含め全13作に出演したジェイソン。彼の犠牲者はトータルで300人を超えています。

これはアメリカのホラー映画シリーズに登場した殺人鬼の中でもダントツで一位の数字です。殺害数第2位とされる、『ハロウィン』シリーズの殺人鬼、ブギーマンことマイケル・マイヤーズの被害者数ですら、シリーズ全10作で111人ですから、いかにジェイソンの殺害数が飛び抜けているか、わかるでしょう。

シリーズの再起動も予定されている『13日の金曜日』シリーズ。
ジェイソンは果たして、どこまで殺害記録を伸ばしていくのでしょうか?












2015/06/08 18:00  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



最新記事


※ワウゲームをプレーするには最新バージョンのFlash Playerのダウンロードをおすすめします。
会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | リンクフリー | お問い合わせ
Copyright(C) 2004- 2016AISE Inc. All Rights Reserved.