無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースゲーム       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  怖い話

本格的なゾンビを相手にするハウス・オブ・ザ・デッドだが、企画段階からは様々な修正があった

ハウス・オブ・ザ・デッドは、セガがアーケード向けに開発したガンシューティングゲームです。

ゲームセンターで遊ぶことができるガンシューティングゲームで、画面に向かって銃の形をしたコントローラーで迫りくるゾンビをやっつけていくというもので、バイオハザードが人気になっていたこともあり大ヒットしました。
しかし、ゲームセンターで稼働をするまでには、様々な修正があったそうです。

◆本格的なゾンビを倒すガンシューティングゲームの登場
ハウス・オブ・ザ・デッドは1997年にセガが発売したアーケードゲーム向けのガンシューティングです。
その後もハウス・オブ・ザ・デッドはシリーズ化がされて、様々な場所を舞台としたゲームが発売されました。

ガンシューティングは、いままでもありましたが、本格的なゾンビを相手にしたガンシューティングとしており、ゾンビの弱点である頭を攻撃すれば簡単に倒すことができますが、それ以外の場所は何発も必要になるなど、ゾンビならではの特徴があります。

このゲームの特徴としては、敵をすべて倒したり、時間制限をクリアすることで次のステージに進むというガンシューティングに加えて、ルート分岐要素を導入したことが特徴です。
ルート分岐は、イベントでどちらに行くかを選択するだけではなく、ゲーム内にあるオブジェクトを撃つ事や特定の敵を倒したり、敵を倒す順番などで変化していきます。
これにより、1回のプレイではゲームの内容をすべてプレイする事ができなかったため、何度もプレイしたくなったり独自の攻略ルートなどを作り出すということで、何度もゲームを遊んで貰えるといったリピーターの確保もできる効果もうまれた。

◆開発にあたり、様々な部分が修正されてしまった経緯
ハウス・オブ・ザ・デッドは、企画の段階ではもっとリアル要素がありましたが、実際にテストプレーとして稼働をしてみたところ苦情などがあったため色々と変更することになりました。

ゾンビを攻撃した際に出血するのですが、その血の色が初期は赤かったのですが、過激すぎるということで、緑色に変更され、その後に発売されたセガサターン版では血の色が変更することができるオプションがあったのですが、緑以外には、青や紫、黄色に変更することが可能でしたが赤には変更できませんでした。
その後のシリーズでも、Xbox版が発売されるまでは赤に変更することはできませんでした。

他にも企画の段階では、ゾンビを撃つゲームではなくゴーストを撃つというゲームでしたが、ゴーストを撃つということができないため、ポルターガイストで襲ってくる家具などを撃ち落としながら先に進むというだったそうです。








2018/02/14 16:00  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



最新記事
アクセスランキング
タグ


※ワウゲームをプレーするには最新バージョンのFlash Playerのダウンロードをおすすめします。
会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | リンクフリー | お問い合わせ
Copyright(C) 2004- 2016AISE Inc. All Rights Reserved.