無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  怖い話

【ホラー】「ドッペルゲンガー」を見たら、本当に死ぬのか?

自分自身とそっくりの人物を見る現象、「ドッペルゲンガー」。このドッペルゲンガーには「見ると死ぬ」という噂がつきまとっています。果たして、なぜ「ドッペルゲンガー」を見ると死ぬと言われているのでしょうか? 本当に、人はドッペルゲンガーを見てしまうと死ぬのでしょうか?

■「ドッペルゲンガー」とは?

同一人物が複数の場所に姿を現す現象として「ドッペルゲンガー」と並んで有名なものに「パイロケーション」がありますが、パイロケーションには意図的にその現象を起こしているというニュアンスが含まれています。ドッペルゲンガーとは、本人の意志とは無関係に自分と瓜二つの人物が現れ、それを見てしまう、という現象を指す言葉です。

ドッペルゲンガーを見たとされる歴史上の著名人は数多く、アメリカ合衆国第16代大統領であるエイブラハム・リンカーンや、帝政ロシア時代の女帝、エカテリーナ二世などが有名です。日本の小説家、芥川龍之介も、ドッペルゲンガーを経験したとされ、その経験を元に書かれたのが、晩年の小説「歯車」であるとも言われています。

“ドッペルゲンガーを見ると死ぬ”という言い伝えがいつごろからあるのか、定かではありませんが、前述のリンカーンやエカテリーナ二世は死の直前に自身のドッペルゲンガーを見ているとも言われ、「ドッペルゲンガー=死」というイメージはかなり古くからあったとも考えられます。

■ドッペルゲンガーは医学的に証明可能か?

なぜドッペルゲンガーが現れるのか、その原因にはさまざまな仮説があり、霊的現象である、あるいは宇宙人が化けたもの、といったオカルティックな原因説も根強く支持されています。

一方、ドッペルゲンガーはある程度医学的に証明できることも知られています。
医学的に、自分自身の姿を幻視する症状は「自己像幻視」と呼ばれ、よく知られています。「自己像幻視」が起こる正確な原因には諸説ありますが、有力視される説のひとつに「脳腫瘍」説があります。

脳の側頭葉と頭頂葉の境界に脳腫瘍ができた場合、自己像幻視の症状が現れることが知られています。また、統合失調症やてんかんなどの精神障害、薬物依存などでも自己像幻視の症状が現れることが知られています。

芥川龍之介は晩年、激しい頭痛を患っており、脳腫瘍であったとされています。彼の見たドッペルゲンガーが脳腫瘍を原因とする意見も存在します。

ドッペルゲンガーが脳腫瘍であるなら、それを見た人が「死ぬ」という噂も、あながち無関係とはいえないでしょう。

もし、自分とそっくりの人間を見てしまったら……あなたはどうしますか?



2017/09/12 12:00  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



最新記事


※ワウゲームをプレーするには最新バージョンのFlash Playerのダウンロードをおすすめします。
会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | リンクフリー | お問い合わせ
Copyright(C) 2004- 2016AISE Inc. All Rights Reserved.