無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  怖い話

アルコールや麻薬だけが原因ではない? 視覚障害が起こす幻覚『シャルル・ボネ症候群』【ホラー】

そこにある筈のないモノや人の顔などが見えてしまう“幻覚”は、アルコールや薬物の依存症や精神疾患で引き起こされることがよく知られています。しかし、そのような依存症や疾患がなくても、幻覚症状が起こることがあります。

時には恐ろしい幻覚を引き起こすこともある、『シャルル・ボネ症候群』とは、一体どんな病気なのでしょうか?

■視覚障害が引き起こす幻覚症状

シャルル・ボネ症候群は、視力障害のある人が人の顔や動物など、そこにはないものを幻視する症状のことです。主に高齢者に起こることが多く、依存症や精神疾患による幻覚との違い、見ている本人が「実際にはそこにないものが見えている」と理解していることが特徴です。

シャルル・ボネ症候群は、18世紀のスイスの博物学者であり、後に哲学者に転向した人物、シャルル・ボネの名前にちなんで命名されています。

若い頃は昆虫の研究や生物の生殖に関する研究で成果を上げた人物でしたが、40歳になる間に視力を失い、その後哲学へと転向しました。視覚障害者が起こす幻視体験に関する記述を残しており、後に「シャルル・ボネ症候群」と名付けられるきっかけとなりました。

シャルル・ボネ症候群は超自然的現象ではありません。それはもともと目の見えていた人が視覚障害を起こした場合に起こる神経の障害であることが分かっています。
人は通常、見たものを見たままに知覚しているわけではありません。例えば夕闇の中でも人の顔を見分けられるのは、視覚情報の不足を脳が補うことで判別できるようになるわけです。

視覚障害を患った人の場合、この脳が起こす視覚情報の補完が働きすぎてしまうことがあり、そのことが、本来そこにはない筈の物(人の顔や動物、建物など)を見てしまうのだと考えられていますが、正確な理由ははっきりとは分かっていません。

手足を事故や病気で失った人が、失ったにも関わらずその部位が存在しているように感じたり、あるいは存在していない部位に痛みを感じる幻肢(幻肢痛)に近い症状であると考えられています。


■時には恐ろしい幻視を伴う「シャルル・ボネ症候群」

通常、シャルル・ボネ症候群で発生する幻視は、点滅する光点や小動物、見知った人の顔など、比較的無害のものが多いとされますが、中には恐ろしい物を幻視してしまう事例もあります。

ケンタッキー大学の病院で報告された事例もそのひとつでした。シャルル・ボネ症候群を発症したその女性が見るようになったのは、細長く痩せて血の気の引いた、目と口が異様に大きい、見るからに恐ろしい人の顔だったといいます。

女性はその幻覚を見るようになってひどく精神を消耗し、入院が必要なレベルに陥っていたようです。しかし、医師からそれがシャルル・ボネ症候群による幻覚であると知らされると女性は安堵し、その後幻覚を見ることは少なくなっていったということです。

幻覚であることを自覚しながら、その幻覚に苦しめられる……そこには、心霊現象のような超自然的な現象や、薬物などによる無自覚の幻覚とはまた違った恐怖があるように思えます。




2017/12/05 12:00  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



最新記事
アクセスランキング
タグ


※ワウゲームをプレーするには最新バージョンのFlash Playerのダウンロードをおすすめします。
会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | リンクフリー | お問い合わせ
Copyright(C) 2004- 2016AISE Inc. All Rights Reserved.