無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  怖い話

【ホラー】電話を使って異世界を旅するホラーアドベンチャー『Strange Telephone』 スマホ版リリース決定

都市伝説や映画、小説等、ホラー作品ではおなじみの題材のひとつである「電話」。その電話をゲームシステム上の重要なガジェットとして使うホラーアドベンチャーゲーム『Strange Telephone』がリリースされます。

■なぜ、電話はホラーの題材として使われやすいのか?

電話を題材としたホラー作品は数多く存在します。
都市伝説として有名なのが「メリーさんの電話」ですね。

ある少女が、古い外国製の人形を「メリー」と名付け、かわいがっていました。
しかしある時、少女は引っ越しをすることになり、その人形を捨てていきます。

引っ越し当日の夜、新居にいた少女のもとに電話がかかってきます。
少女が電話に出ると、受話器からこんな声が聞こえてきました。

「もしもし、わたし、メリーさん。今ゴミ捨て場にいるの」

少女は怖くなって電話を切ってしまいますが、すぐにまた電話が鳴ります。

「もしもし、わたし、メリーさん。今、角のタバコ屋さんの前にいるの」

少女は何度も電話を切りますが、メリーさんからの電話はその都度かかってきます。そしてその声から、少女はメリーさんがどんどん今自分のいる家に近づいていることに気付きます。

そして、ついに……。

「もしもし、わたし、メリーさん。今、あなたの家の前にいるの」

本当にメリーさんが来ているのか、少女は怖がりながらも確かめずにはいられませんでした。おそるおそる、玄関のドアを開けてみますが、そこには誰もいません。

もしかして、いままでの電話はイタズラだったのだろうか……少女が安心してため息をついたその時、後ろから声がしました。

「わたし、メリーさん。今、あなたの後ろにいるの」

この有名な都市伝説はそのままのタイトルで映画化もされています。また、電話を題材とするホラー映画と言えば『着信アリ』のシリーズを思い出す方も多いでしょう。ホラーゲームでは、電話は恐怖を演出する定番アイテムとしてしばしば登場しますね。

電話を題材とするホラーが多いのは、電話というものが不特定多数の他者と繋がっていること、基本的には音声のやりとりだけしかできず、相手の姿(正体)が見えないという二点が原因かもしれません。

電話をかけてくる相手が誰なのか分からず、その正体も見えない……電話特有とも言えるそのシステムが不気味さと不安感を煽る原因となっているのではないでしょうか?


■電話を使って異世界を彷徨うゲーム『StrangeTelephone』

どこに繋がっているのかわからない……そんな電話の持つ潜在的な恐怖感を味あわせてくれそうなゲームが『StrangeTelephone』です。

http://jp.automaton.am/wp-content/uploads/2016/11/Cp29FFRVYAEpOuB-696x392.jpg

このゲームは、日本人の「yuta」氏が個人で開発しているゲームですが、2015年にインディーズゲームイベントに開発途中のバージョンが登場して以来、注目を集めています。

『StrangeTelephone』は横スクロール型のホラーアドベンチャーで、ピクセルで描かれたそのグラフィックはフリーゲームのホラー作品として有名な『ゆめにっき』に通じるテイストを感じさせます。

主人公はジルという名の少女。プレイヤーは彼女を操作し、自分のいる世界から脱出するため、空中浮遊する不思議な電話グラハムと共に、奇妙な扉を開けるためのカギを探します。

基本的はオーソドックスなポイントクリック型のアドベンチャーゲームですが、特徴的なのはグラハムを使って任意の番号に電話をかけることで、他の世界にランダムで移動できるというシステムです。

移動できる先の世界はランダム生成されます。
転移した先の世界でヒントを集め、次に転移すべき世界に通じる電話番号を解明していくことで、次々に他の世界へと転移していき、最終目的となる世界を目指さなければなりません。

電話番号は6桁の数字からなっており、ヒントがなくても適当な番号を入力することで世界を移動することも可能です。ただし、電話を使える回数には制限があって、転移を無駄に繰り返してしまうと世界が“壊れ”始める=画面がバグったように変化していき、最終的にゲームオーバーになってしまうということです。

2016年12月31日、開発者の『yuta』氏がTwitterに、『StrangeTelephone』が2017年1月中にiOS版とAndroid版が配信されることを告知しました。

他にもPC版がリリースされる予定ですが、電話を重要なギミックとして用いる作品なだけに、やはり携帯電話でプレイした方が雰囲気が出そうですよね。

Twitterにはモーメント機能を活用した「まとめ」ページも作成されていますので、気になる方はそちらをご覧になってください。

2D脱出アドベンチャーゲーム「StrangeTelephone」開発の全て
https://twitter.com/i/moments/783093608073170944



2017/10/12 12:00  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



最新記事


※ワウゲームをプレーするには最新バージョンのFlash Playerのダウンロードをおすすめします。
会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | リンクフリー | お問い合わせ
Copyright(C) 2004- 2016AISE Inc. All Rights Reserved.